サニーライフやイリーゼの入居費が安い理由には裏がある?

日本の高齢者向け住宅市場は、多様なサービスや価格帯の施設が増えてきました。

中でも「サニーライフ」や「イリーゼ」は、その手頃な入居費用で注目を集めています。しかし、これらの施設が提供する低価格の背景には、どのような仕組みや経営戦略があるのでしょうか?

本記事では、これらの老人ホームの費用が安い理由と、その背後に隠された「裏」について深掘りしていきます。

有料老人ホーム「サニーライフ」や「イリーゼ」の月額費用がリーズナブルな理由

有料老人ホーム「サニーライフの」特徴

「サニーライフ」は、全国の施設で入居金が無料という特色を持つ有料老人ホームです。この施設は、入居者が経済的な負担を感じずに快適な老後を過ごせるよう、手頃な料金体系を採用しています。その結果、多くの施設で高い入居率を維持しており、一部では待機リストが発生している状態です。

有料老人ホーム「イリーゼ」の特徴

首都圏を中心に、イリーゼは全国130施設以上を運営しています。多くの施設が好立地にあり、新しい建物が特徴です。さらに、入居金が不要で、月額の利用料が約20万円という手頃な価格で提供されているため、多くの方から注目されています。

他の老人ホームブランドはテレビCMや電車広告での宣伝が目立ちますが、イリーゼはそのような広告を控えめにしており、それでも多くの入居相談が寄せられています。これは、コストパフォーマンスに優れたサービスを提供しているからだと言われています。

高品質なサービスの提供

サニーライフの施設は、看護師を常駐させ、日常の生活サポートから健康管理までを徹底的にサポートしています。近隣の医療機関との連携も強化しており、365日、訪問診療や緊急時の対応体制を確立しています。

料金体系の工夫、安い理由には裏がある?

介護保険の仕組み、入居率から念入りな経営戦略を立てている

サニーライフやイリーゼは、要介護度が上昇すると増える様々な費用を考慮し、月額利用料を適切に設定しています。要介護度が高まると、介護保険からの給付が増加するため、施設側の収入も安定します。これにより、入居者の月額利用料をリーズナブルに設定することが可能となっています。

大量購入によるコスト削減

日常生活での消耗品や食材など、サニーライフやイリーゼの施設が必要とする物品などは、全施設分をまとめて大量に注文することで、単価を下げています。この結果、仕入れコストの削減が実現し、その恩恵を入居者の月額利用料に還元しています。

施設開発の戦略、自社で物件を所有せず企画と運営に徹底する

サニーライフやイリーゼは、自社で土地や建物を所有するのではなく、他のオーナーから賃貸する形で施設を運営しています。これにより、初期投資を抑えることができ、その結果、入居金を無料に設定することが可能となっています。さらに、全国規模での多数の施設運営によるスケールメリットや、一定のサービス品質を維持しながらの高い入居率など、さまざまな企業努力により、月額料金をリーズナブルに設定しています。

理由1:サニーライフやイリーゼの入居費が安い理由は企業努力

サニーライフやイリーゼは、独自の運営戦略と企業努力により、高品質なサービスを提供しながらも、入居者にとって手頃な料金体系を実現しています。入居を検討する際は、他の施設との比較や、実際の見学を通じて、自分に合った施設を選ぶことが大切です。サニーライフやイリーゼのように、自社で物件を購入することなく、賃貸するという形で運営に徹するという有料老人ホームの形態は増えてきています。入居者・利用者にとっては特段のデメリットはなく、企業の努力と経営のアイディア・企画力でこのように安い費用で有料老人ホームに入居できるという仕組みが成り立っています。

理由2:介護度が重くなると介護保険収入が増える仕組みの活用

有料老人ホームの費用が安いことに裏があるかと言うと介護保険上要介護1の人よりも要介護5の人の方が介護保険の介護報酬が高くなるのでとにかく長く入居してもらいたいという事情はあります。これは結果的に入居者が満足いくようにサービスを展開して退去することなく安心して長い間入居してもらうということにつながるの、入居者も事業者も双方にとって良い形だと思います。

老人ホームにも色々な施設がありますので老人ホーム検索サイトで費用の安い施設などに条件を絞って検索をし、実態はどうなっているのかというところを資料請求や見学を行い確認してみることをおすすめします。

費用の安い介護施設は人気が高いので、すぐに入居したいと思っても空きがない場合も多々です。早めに情報収集をしていくつかの候補を絞っておくと後々安心かと思いますので早めに資料請求などを行いましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事