創生事業団「グッドタイムホーム」はヤバい?どんな老人ホーム?評判・口コミ

創生事業団が運営する「グッドタイムホーム」は、介護付き有料老人ホームとして注目されています。この施設は、かつて株式会社未来設計が経営していた「未来倶楽部」「未来邸」を引き継ぎ、2019年に「グッドタイムホーム」シリーズとして生まれ変わりました。費用面でのアクセシビリティが高く、多くの方にとって検討しやすいクラスの施設です。

創生事業団「グッドタイムホーム」の特徴

グッドタイムホームは、利用者とその家族が安心して過ごせるよう、多様なケアサービスを提供しています。この施設では、利用者の体力や筋力を維持することに特に重点を置いており、そのための運動プログラムや、知力を維持するための様々な活動が計画的に行われています。また、心身の活力を支えるために、理学療法士や作業療法士などの専門スタッフが常にサポートを提供しています。さらに、季節ごとのイベントや多彩なレクリエーションを通じて、ご入居者には充実した時間を過ごしていただくことにも力を入れています。これらの取り組みにより、グッドタイムホームは、ご入居者にとって快適で充実した生活を提供することを目指しています。グッドタイムホームは基本的には特定施設の指定を受けた介護付き有料老人ホームなので一定の基準をクリアしており安心して入居ができる施設といえます。

創生事業団「グッドタイムホーム」の入居費用

グッドタイムホームの各施設における前払金と月額費用の基本プランの一例を表にまとめると以下のようになります。

施設名 前払金(基本プラン) 月額費用(基本プラン)
グッドタイムホーム江戸川 450万円(基本)、980万円(特別室) 246,350円(基本)、279,350円(特別室)
グッドタイムホーム川崎 プランI: 480万円、プランII: 552万円、プランIII: 621万円 プランI: 202,350円、プランII: 202,350円、プランIII: 404,700円
グッドタイムホーム東浦和 プランI: 582万円、プランII: 462万円 プランI: 158,850円、プランII: 178,850円

この表は、グッドタイムホームの江戸川、川崎、東浦和の各施設における入居に必要な前払金と月額費用の基本プランを示しています。各施設によって料金体系が異なるため、具体的なサービス内容や追加オプションについては、直接施設に問い合わせることをお勧めします。

創生事業団「グッドタイムホーム」の3つの主要な強み

グッドタイムホームの3つの主要な強みは以下の表にまとめられます。

強みのカテゴリ 説明
認知症の受け入れ体制 食習慣や運動、知的生活習慣、ふれあいの機会を積極的に支援し、認知症の方々が健やかな生活を送れるようサポートしています。
看取り ご入居者が自分らしく尊厳を持った日々を過ごせるよう、終末期における心温まるケアの充実に力を入れています。
リハビリ体制 協力医療機関の指導の下、専門スタッフがプログラムを作成し、ふれあいと楽しさを通じてリハビリ効果を高めています。

この表は、グッドタイムホームが提供するサービスの特徴として、認知症の方々への配慮、終末期のケア、そしてリハビリテーションの充実を示しています。これらの強みは、ご入居者にとって快適で充実した生活を提供するための重要な要素です。

創生事業団「グッドタイムホーム」の評判・口コミ

グッドタイムホームは、過去に経営破綻を経験した未来設計から創生事業団へ事業が継承された後、経営が安定しています。つまり過去の未来設計はやばかったということです。経営破綻の前後は会社としてやばいという状況にいたり話題となりましたが、この事業継承による変化により特に悪い口コミや噂は聞かれず、信頼性が高まっています。特に注目すべきは、「グッドタイムナーシングホーム」における看護職員の24時間体制です。これにより、医療依存度の高い方でも安心して入居できる環境が提供されています。

グッドタイムホームは、大手有料老人ホームの中でも比較的安価な料金設定を採用しており、多くの方にとって入居しやすい環境が整っている点も大きな魅力です。これらの要素が組み合わさることで、グッドタイムホームは多くの方に選ばれる理由となっています。「グッドタイムホーム」は、質の高いケアサービスと手頃な価格設定で、多くの高齢者やその家族に選ばれている施設です。しかし、施設ごとに異なる特色があるため、実際に資料請求をしたり施設見学の申し込みをして、自分に合った環境かどうかを比較・確認することが重要です。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事