ALSOK介護「グループホームみんなの家」はヤバい?特徴・入居費用

ALSOK介護「グループホームみんなの家」はヤバい?という疑問を持つ方々へ。ALSOK介護が運営する「グループホームみんなの家」の特徴、入居費用、評判、そして実際の口コミを徹底的に分析し、その実態に迫ります。セキュリティの強化、質の高いスタッフ育成、そして幅広いサービス提供など、ALSOK介護「グループホームみんなの家」が提供する独自の介護サービスについて、詳しく掘り下げていきます。入居を検討している方、または介護業界に興味がある方にとって、この記事は貴重な情報源となるでしょう。

ALSOK介護「グループホームみんなの家」の特徴

ALSOK介護「グループホームみんなの家」は、ALSOKグループの一員として運営されている介護保険適用の認知症対応型共同生活介護(グループホーム)です。認知症をお持ちで、ある程度身の回りのことができているけれども自宅での生活はちょっと難しくなってきたという方にとってはグループホームも選択肢になります。グループホームは、認知症を持つ高齢者の方々が、まるで自分の家のような温かい雰囲気の中で、他の人たちと一緒に生活できる施設です。この施設は、地域に根ざしており、認知症の方々に特化したケアを提供しています。ここでは、利用者一人ひとりの個性や能力を大切にし、専門の介護スタッフが日々の生活を支えます。散歩やお菓子作り、楽しいイベントなども行い、利用者が安心して過ごせるように心がけています。また、必要に応じて、最期までしっかりとサポートする介護も行っています。

ALSOK介護「グループホームみんなの家」

ALSOK介護「グループホームみんなの家」というブランドで展開していますが、ALSOK介護には「アミカの郷」という介護付き有料老人ホーム・住宅型有料老人ホームの施設もあります。

ALSOK介護「グループホームみんなの家」の公式サイトからの情報

ALSOK介護「グループホームみんなの家」の特徴を表にまとめたものです。

特徴のカテゴリ 詳細
家庭的な環境 認知症の高齢者が少人数で、家庭的な雰囲気の中で共同生活を送る施設
個性の尊重とサポート 各利用者の個性を尊重し、認知症ケアの知識を持った介護スタッフがサポート
アクティビティの充実 お散歩、おやつ作り、各種イベントなどを積極的に実施
小規模での運営 1ユニット9名の定員で、地域社会に溶け込んだ生活を目指す
認知症ケアの専門性 認知症ケア専門の介護士が24時間常駐し、安心した生活をサポート
費用の低価格 有料老人ホームに比べて、月々の費用が低価格
健康増進プログラム オリジナルの健康増進プログラムと様々なアクティビティを提供

ALSOK介護とウィズネットの関係性・歴史

ALSOK介護株式会社の歴史は、その前身である「株式会社ウイズネット」から始まります。ウイズネットは、さいたま市大宮区に本社を構える会社で、アミカの郷やみんなの家などの介護施設を運営していました。この会社は、2016年5月にセキュリティサービスで知られるALSOKによって買収されました。この買収に伴い、ウイズネットの創業者である高橋行憲氏は退任しました。株式会社ウィズネットの中でも「みんなの家」という認知症対応型の施設は主力施設となっていてその時のノウハウが今のグループホームみんなの家に引き継がれています。

その後、2020年6月18日には、重要な変化がありました。株式会社ウイズネットは、その名前を「ALSOK介護株式会社」に変更しました。この商号変更は、ALSOKの介護事業に対するコミットメントをより明確にするためのものでした。

さらに、同年の10月1日には、ALSOKグループの介護事業を担う4つの会社が統合されました。これには、新しく名前を変えたALSOK介護株式会社のほか、株式会社HCM、ALSOKあんしんケアサポート株式会社、そして有限会社あんていけあが含まれています。この統合により、ALSOKグループは介護事業におけるサービスの質と範囲を拡大し、より統合されたアプローチで高齢者のケアを提供する体制を整えました。

この歴史を通じて、ALSOK介護株式会社は、介護サービスの提供において、その規模と専門性を拡大してきました。また、アルソックのセキュリティ技術と経験を活かし、介護施設の安全性とサービスの質を高めることに成功しています。

ALSOK介護「グループホームみんなの家」の入居費用

ALSOK介護「グループホームみんなの家」の入居費用は、月額費用で月額18万円から22万円程度と、比較的良心的な料金設定です。

ALSOK介護「グループホームみんなの家」の入居条件

ALSOK介護「グループホームみんなの家」の入居条件を表にまとめると以下のようになります。

入居条件 説明
要介護認定 要支援2または要介護1以上の方
認知症の診断 医師の診断書により認知症と診断されている方
共同生活の適応 他の入居者と一緒に生活することに問題がない方
医療行為の不要 常時医療行為が必要な疾病がない方
感染症の非保持 感染症やその他の伝染性の疾病がない方
身元保証人の存在 身元を引き受ける人がいる方(入居時に面接を行います)
住民票の所在地 グループホームがある地域に住民票がある方

ALSOK介護「グループホームみんなの家」の評判・口コミ・やばいの?

ALSOK介護株式会社に関する職員と施設の評判を表にまとめたものです。ALSOK介護「グループホームみんなの家」は、老人ホームだけで施設数は48施設、グループホームは85施設(2023年時点)あるので、良い口コミもあれば、やばいという口コミもあります。これはALSOK介護「グループホームみんなの家」に限ったことではなくたくさんの施設を持っている大手に至っては働いている職員からの口コミや実際に入居している入居者の家族や親戚などが抱いた印象などでやばかったというような口コミを広めてしまっているケースもあります。この記事でも紹介した通りもともとはウィズネットという介護専門の会社が運営していた施設なので、認知症ケアに対する知見やノウハウは多く持っている歴史ある施設の一つであると思います。

口コミ・評判・グループホームみんなの家はやばいらしい…など、あくまでも各個人が抱いている感想なので参考にはしつつも、施設選びをする中では実際に自分で資料請求をしたり施設の見学をしたりして確かめていただく方が確実です。百聞は一見にしかずですので、ネット上の口コミなどだけで確認せず他の施設等も比較しながら費用的にもサービス的にもちょうどいい施設を見つけていきましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事