グループホーム てんとうむし(霧島市 )の施設情報・評判・口コミレビュー

鹿児島県霧島市の「グループホーム てんとうむし」ついて、施設の種類や概要、口コミや評判・レビューなどを紹介します。

鹿児島県霧島市にある「グループホーム てんとうむし」とは

「グループホーム てんとうむし」は、鹿児島県霧島市にある認知症対応型共同生活介護(グループホーム)です。厚生労働省の上表によると入所定員数は「厚生労働省データでは情報なし」です。「グループホーム てんとうむし」を運営しているのは、「有限会社 グッドライフ」です。

認知症対応型共同生活介護(グループホーム)とは?

認知症対応型共同生活介護について簡単にご説明します。
認知症対応型共同生活介護は、介護保険適用で認知症のある高齢者が安心して生活できる施設であり、自分でできることは自分で行いながらも介護サービスが提供されることが特徴です。グループホーム てんとうむしは、介護保険上の地域密着型サービスに位置づけられる認知症対応型共同生活介護を提供する事業所であり、「霧島市」からの指定を受けている施設です。そのため、制度上、グループホーム てんとうむしを利用できるのは、原則 霧島市に住民票がある人に限られます。

「グループホーム てんとうむし」などの認知症対応型共同生活介護の特徴

「グループホーム」は、高齢者の認知症を抱える方々向けの場所で、介護保険制度において「認知症対応型共同生活介護」として認められています。これらの施設は、地域の認知症患者が利用できる小規模な住居で、家庭に似た環境で一緒に生活できる場所です。具体的には、入浴、排泄、食事などの日常生活のサポートや、機能向上の訓練、レクリエーションなどのサービスが提供されます。

グループホーム てんとうむしの特徴や入所基準

グループホーム てんとうむしは、介護保険の認知症対応型共同生活介護の基準を満たしている介護保険施設です。認知症対応型共同生活介護(グループホーム)では、職員の配置に基準が設けられています。日中は利用者3人に対して1人の介護職員が常勤換算で配置されることが求められています。夜間には、それぞれのユニットごとに1人の介護職員が配置される必要があります。また、各ユニットには計画作成担当者が一人配置されており、その中の少なくとも一人は介護支援専門員でなければなりません。ただし、ユニット間での兼務は認められていません。

認知症対応型共同生活介護(グループホーム)の管理者に関しては、3年以上の認知症介護の従事経験が必要であり、さらに厚生労働大臣が定める特定の研修(認知症対応型サービス事業管理者研修)を修了していることが条件とされています。これらの基準は、認知症の方々に適切なケアを提供し、安全かつ質の高いサービスを保証するために設けられています。

グループホーム てんとうむしの評判・口コミ

グループホーム てんとうむしの評判や口コミはネット上ではあまり出回っていません。グループホーム てんとうむし以外の介護施設も共通ですが、実際に施設の雰囲気などを見てみないと分からないものですし、グループホーム てんとうむしで対応してくれた職員さん印象でその人にとっての施設の評判や口コミが決まってしまったりしてしまいます。グループホーム てんとうむしのネット上の口コミや評判も情報サイトや口コミサイト、2ちゃんねるや5ちゃんねるなどの掲示板を探せば見つかるかもしれませんが、鵜吞みにせず、鹿児島県霧島市付近の介護施設や老人ホームも資料請求や見学・入居相談をして、実際どうなのかは、入居予定者、親族などが自分の目や耳でしっかり確認するようにしましょう。

グループホーム てんとうむしや鹿児島県霧島市付近の介護施設の探し方

鹿児島県霧島市付近には、他の介護施設や費用が比較的安い施設などもあります。各施設で大切にしていることや料金体系、食事のレベル、介護保険外の支払いがどれくらい発生するのかなども違ってきますので、資料を請求して複数の施設を比較することをお勧めします。認知症対応型共同生活介護(グループホーム)は、原則は介護度が変わらなければ月額料金は一定ではありますが、例えば備品を壊してしまった場合、経年劣化以上に居室や設備を汚したりしてしまった場合、救急搬送などに職員が同伴した場合、ご本人の希望で外出などをした場合など、自費が設定されている場合もあります。自費が発生することは良し悪しで、費用をいただく代わりにニーズのあるサービスを提供できる体制が整っていると捉えることもできますし、逆にあいまいにしているせいでトラブルになることもあります。資料請求して実際に入居相談を行っていく中ではよく確認しましょう。

グループホームへの入所を検討するときに、意外と候補から外れてしまう施設に「介護老人保健施設」があります。通称「老健(ろうけん)」と呼ばれますが、リハビリ目的で介護老人保健施設に入所して、集中的なリハビリをして状態の変化を確認してから、別の施設に入所するか在宅での生活を継続するかなどを決めていくという猶予期間を作ることもお勧めです。

グループホーム てんとうむしの空き情報

グループホーム てんとうむしに空き部屋があるか、空きは出るかの情報は「みんなの介護」や「ライフルホームズ」で資料請求・相談をしてご確認ください。

グループホーム てんとうむしの空室が無かったらどうしたらよい?

紹介してきたように、グループホーム てんとうむしなどのグループホームや、特養や介護付き有料老人ホームは、空き状況を確認すると順番待ちになることもあります。鹿児島県霧島市付近にも様々な介護施設がありますので、入居金0円で月額料金が良心的な有料老人ホームやショートステイを受け入れている施設などに一時的に入居し、希望の老人ホームの空きを待つということもよくある話です。また、日常生活に少しの介護が必要という状況で、まだ在宅での生活も無理なく継続できるという場合には、担当のケアマネジャーと相談して通所介護(デイサービス)などに通いながら住み慣れた地域で落ち着いた生活をしつつ、共同生活にも慣れていくということも方針としては選択肢となります。グループホーム てんとうむしや、近隣資料請求をしてご相談ください。

グループホーム てんとうむしの施設基本情報(鹿児島県霧島市)

鹿児島県霧島市にある「グループホーム てんとうむし(グループホーム テントウムシ)」についての基本情報です。

施設形態 認知症対応型共同生活介護(グループホーム)
施設名 グループホーム てんとうむし
施設名の読み方 グループホーム テントウムシ
所在地 鹿児島県 霧島市 国分 上井 903番地2
事業所番号 4671200378
定員数 厚生労働省データでは情報なし
運営法人名 有限会社 グッドライフ
運営法人の法人番号 4340002014555

上記表内の情報は厚生労働省が公表している介護サービス情報の公表システムデータのオープンデータ(2023年12月末時点)に基づいてグループホーム てんとうむしの基本情報を記載させていただきました

独り身や自分で身の回りのことができても安心して暮らしたいという気持ちや、施設生活に慣れるために、あえて自立している状態や要支援の状態でもサービス付き高齢者向け住宅や住宅型有料老人ホームなどに早めに入って安心して生活したいというニーズもありますので、様々なニーズに合わせ介護施設や高齢者向け住宅は多様化しています。生活保護の場合や、費用が安い施設なども条件の探し方ができるので、「みんなの介護」や「ライフル介護」などの検索サイトで、いろいろな条件で探して比較してみてくださいね。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事