老後の資金調達方法 リバースモーゲージと不動産売却の違い

老後の生活を安心して送るためには、十分な資金計画が不可欠です。特に、自宅という大きな資産をどのように活用するかは、多くの人にとって重要な決断となります。現在、老後の資金調達方法として注目されているのが「リバースモーゲージ」と「不動産売却」です。これらは一見似ているようでいて、実は利用者にもたらす影響やメリット、デメリットに大きな違いがあります。この記事では、リバースモーゲージと不動産売却の具体的な違いを解説し、老後の資金計画におけるそれぞれの役割を明らかにしていきます。老後の資金調達方法を検討している方々にとって、最適な選択をするための参考情報を提供します。

介護施設・老人ホームを探すなら、みんなの介護とライフル介護がおすすめです。 費用や地域などでかんたんに調べて空き状況なども確認できます。

リバースモーゲージとは?

リバースモーゲージは、高齢者が自宅を担保にして金融機関から融資を受け、その資金を生活費や介護費用などに充てることができる金融商品です。この制度の最大の特徴は、融資を受けた本人が生きている間は自宅を売却することなく、引き続きその家に住み続けることができる点にあります。

定義と基本的な仕組み

リバースモーゲージは、主に65歳以上の高齢者が対象とされています。利用者は自宅を担保にして金融機関から一定額の融資を受け、その資金を自由に使用することができます。融資の返済は、利用者が亡くなった後、相続人が自宅を売却するなどして行われます。この際、融資額が自宅の売却額を超えることがあっても、多くの場合、相続人に追加の返済義務は発生しません。

対象者と利用シーン

リバースモーゲージの対象者は、一般的に65歳以上の自宅所有者です。特に、退職後の収入減により生活費が不足している高齢者や、介護サービスの利用に伴う費用が負担となっている高齢者が利用するシーンが多く見られます。また、老後の資金計画に不安を感じている人や、子どもに負担をかけたくないと考えている人にとっても有効な選択肢となり得ます。

メリットとデメリット

リバースモーゲージのメリットは、何と言っても自宅に住み続けながら資金を得ることができる点です。これにより、生活費や医療費、介護費用など、老後のさまざまな経済的ニーズに対応することが可能となります。また、融資の返済が利用者の死後に行われるため、生前の金銭的な負担が少ないという利点もあります。

一方で、デメリットとしては、リバースモーゲージを利用することで、相続時に子どもたちが受け取ることができる自宅の価値が減少する可能性があることが挙げられます。また、契約内容によっては、融資額が期待よりも少なかったり、金利が高かったりするケースもあります。さらに、自宅の価値が将来的に下落するリスクも考慮する必要があります。

リバースモーゲージは、老後の資金計画において重要な選択肢の一つですが、利用する際にはメリットとデメリットを十分に理解し、自身のライフプランに合った最適な決定をすることが重要です。

任意売却とは?

任意売却は、住宅ローンの返済が困難になった場合に、金融機関の了承を得て不動産を市場価格で売却し、その売却金でローンの一部または全部を返済する方法です。競売にかけられる前に、債務者が主体となって不動産を売却することが特徴です。

定義と基本的な仕組み

任意売却の基本的な仕組みは、住宅ローンなどの返済に行き詰まった不動産所有者が、金融機関と協議の上、自らの意志で不動産を市場に売り出し、得られた売却金でローンの返済を行うというものです。この方法では、金融機関が設定した抵当権を解除することが前提となります。任意売却は、競売よりも高い価格で不動産を売却できる可能性が高く、債務者にとっても金融機関にとってもメリットがあります。

対象者と利用シーン

任意売却の対象者は、住宅ローンやその他の不動産担保ローンの返済が困難になった不動産所有者です。具体的な利用シーンとしては、失業や事業の失敗、病気や怪我などによる収入減少が挙げられます。また、経済状況の変化により、不動産の価値が下落し、ローン残高を上回る「アンダーウォーター」の状態になった場合にも任意売却が検討されます。

メリットとデメリット

任意売却のメリットは、競売に比べて不動産を市場価格に近い価格で売却できる点にあります。これにより、ローンの返済額を最大限にカバーすることが可能となり、残債務の減少につながります。また、売却プロセスが公開される競売と異なり、プライバシーが保護される点も大きな利点です。

一方で、デメリットとしては、任意売却を行うためには金融機関の同意が必要であること、売却後にも残債務が残る可能性があることが挙げられます。また、不動産を売却することで住む場所を失うため、新たな住居を探す必要が生じます。

認知症OK、生活保護でもOKなど、条件を絞って探せます。


リバースモーゲージと任意売却の違い

リバースモーゲージと任意売却は、どちらも高齢者や住宅ローン返済に困っている人々が自宅を活用して資金を得るための方法ですが、その利用条件、売却後の住まいの扱い、金融機関との関係において大きな違いがあります。

リバースモーゲージと任意売却の主な違いを比較した表です。

特徴 リバースモーゲージ 任意売却
定義 自宅を担保にして高齢者が金融機関から融資を受け、その資金を生活費などに充てる方法。 住宅ローンの返済が困難になった場合に、金融機関の了承を得て不動産を市場価格で売却し、その売却金でローンを返済する方法。
対象者 主に65歳以上の自宅所有者。 年齢に関係なく、住宅ローンの返済が困難な不動産所有者。
利用シーン 生活費、医療費、介護費用など老後の資金が必要な場合。 住宅ローンの返済が困難になった場合、特に競売を避けたい場合。
自宅に住み続けることができるか はい。融資を受けても自宅に住み続けることができる。 いいえ。売却後、新たな住居を探す必要がある。
相続人への影響 相続人が融資額を返済する必要がある。 売却によりローンが完済されるため、相続人に残債は残らない。
金融機関との関係 融資契約を結び、利用者の死後に返済が行われる。 金融機関との合意のもとで不動産を売却し、売却金でローンを返済する。
メリット 自宅に住み続けられる。相続時に自宅を売却することなく融資を返済できる。
つまり、在宅介護を前提にすることができる。
競売よりも高い価格で売却できる可能性があり、ローンの返済負担を軽減できる。
デメリット 相続人が融資額を返済する負担を負う可能性がある。 自宅を手放す必要があり、新たな住居を探す必要がある。介護施設や老人ホーム、高齢者向け住宅などに入居すること前提の資金調達方法。

利用条件の違い

リバースモーゲージの利用条件は主に年齢に関連しており、多くの場合、65歳以上の自宅所有者が対象となります。一方、任意売却は年齢に関係なく、住宅ローンの返済が困難になった人が利用することができます。リバースモーゲージは自宅を担保にして融資を受ける形式であるため、自宅に一定の価値があることが前提となります。任意売却は、ローン返済のために自宅を売却するもので、金融機関の了承が必要です。

売却後の住まいの扱い

リバースモーゲージを利用した場合、融資を受けた本人(および配偶者)は死亡するまで自宅に住み続けることができます。これに対して、任意売却を行った場合は、売却が完了した時点で自宅を手放す必要があり、新たな住居を探すか、賃貸住宅に移ることが一般的です。リバースモーゲージは「住みながら資金を得る」方法であり、任意売却は「資金を得るために住まいを手放す」方法という大きな違いがあります。

金融機関との関係

リバースモーゲージの場合、融資を提供する金融機関との間で融資契約を結びますが、この契約は利用者が亡くなるまで継続し、返済は利用者の死後に行われます。相続人は自宅を売却して融資を返済するか、他の方法で返済を完了させる必要があります。一方、任意売却では、金融機関との間で債務の一部免除や返済計画の再編成を含む合意に達する必要があります。任意売却は、金融機関との交渉と合意が前提となり、売却後の残債務についても取り決めが行われます。

リバースモーゲージと任意売却は、それぞれ異なるニーズに応えるための選択肢です。自身の状況、将来の計画、そして自宅に対する希望を考慮して、最適な方法を選択することが重要です。

リバースモーゲージの潜在的なリスク

リバースモーゲージは、高齢者にとって有益な資金調達手段である一方で、いくつかの潜在的なリスクも伴います。特に、相続人への影響や金利・返済条件の変動は、事前に検討しておくべき重要なポイントです。

相続人への影響

リバースモーゲージを利用すると、利用者が亡くなった後、相続人が自宅を売却して融資を返済するか、他の方法で返済を完了させる必要があります。このプロセスは、相続人にとって予期せぬ負担となることがあり、特に自宅の価値が融資額を下回る「ネガティブ・エクイティ」の状態になった場合、相続人が残債を負担することになる可能性もあります。

金利や返済条件の変動リスク

リバースモーゲージの契約条件には、金利の変動や返済条件の変更が含まれる場合があります。市場金利の変動によっては、予想以上に高い金利が適用されることもあり得ます。また、契約期間中に金融機関の方針変更などにより返済条件が変更されるリスクも考慮する必要があります。

介護施設・老人ホームを探すなら、みんなの介護とライフル介護がおすすめです。 費用や地域などでかんたんに調べて空き状況なども確認できます。

任意売却の潜在的なリスク

任意売却は、住宅ローンの返済に困窮した際の一つの解決策ですが、この方法にもいくつかのリスクが存在します。特に、売却価格と残債のバランスや、売却後の住宅問題は、任意売却を検討する際に考慮すべき重要な要素です。

売却価格と残債のバランス

任意売却を行う際、売却価格が住宅ローンの残債を下回る「ショートセール」の状況が発生する可能性があります。この場合、売却によって得られる金額ではローンを完済できず、残債務が残ることになります。金融機関との交渉によって残債務の一部免除を受けられることもありますが、その保証はありません。

売却後の住宅問題

任意売却によって自宅を手放すことになった場合、新たな住居を探す必要が生じます。特に、経済的に困窮している状況では、新しい住宅を確保することが一層困難になる可能性があります。賃貸住宅を探す際にも、過去の任意売却の経歴が影響することがあるため、売却後の住宅計画には十分な注意が必要です。

リバースモーゲージと任意売却は、それぞれ異なるリスクを伴います。これらの選択肢を検討する際には、メリットだけでなく、潜在的なリスクについても十分に理解し、自身の状況に合った最適な選択を行うことが重要です。

どちらを選ぶべきか?選択のポイント

リバースモーゲージと任意売却は、それぞれ異なる状況やニーズに応じた解決策を提供します。どちらのオプションを選択するかは、個人の状況や目的に大きく依存します。以下のポイントを考慮して、最適な選択を行いましょう。

自宅に住み続けたいか

自宅に住み続けることを優先する場合、リバースモーゲージが適切な選択肢となります。リバースモーゲージを利用すれば、融資を受けながらも自宅での生活を継続できます。一方、任意売却は自宅を手放すことになるため、新たな住居を探す必要があります。

相続人の意向

相続人が自宅に強い愛着を持っている、または将来的に自宅を継承したいと考えている場合、リバースモーゲージの利用が相続人にとって負担となる可能性があります。リバースモーゲージの後、相続人が自宅を保持するためには、融資額を返済する必要があります。相続人の意向や経済的な状況を考慮して、選択を行うことが重要です。

経済的な状況と将来計画

現在および将来の経済的な状況を考慮することも、選択を行う上で重要です。リバースモーゲージは、一定の収入源がなくなった高齢者にとって有効な手段ですが、相続人に負担をかける可能性があります。任意売却は、短期的には経済的な負担を軽減できますが、長期的な住居計画を再考する必要があります。

まとめ

リバースモーゲージと任意売却は、高齢者や住宅ローン返済に困っている人々にとって有効な選択肢ですが、それぞれにメリットとデメリットが存在します。自宅に住み続けることの重要性、相続人の意向、および自身の経済的な状況を慎重に検討し、将来の計画に合わせた最適な選択を行うことが重要です。自身のニーズに合った選択を行うためには、専門家と相談することも有効な手段の一つです。リバースモーゲージと任意売却、それぞれの適切な利用シナリオを再確認し、自身の状況に合わせた賢明な選択を行いましょう。

「老人ホーム探し」は人生でも経験することがない、大きな決断になります。
まずは早めに複数の施設の資料を集めて比較検討することが重要です。

自分たちの費用や地域に合わせた条件で効率的に探して、老人ホームや介護施設の資料請求や見学を進めていけるように、以下のようなサイトを利用すると便利です。このサイトで紹介している老人ホームの紹介サイトは、どちらも大手の会社で利用者も多いです。利用料や仲介料などは特にかからないので気軽に使ってみてください。


2023年の5月時点で掲載施設数51,000件

「みんなの介護」は、掲載施設数No.1の老人ホーム検索サイトで、介護施設ポータルサイトの最大手です。 施設探しの際は費用は一切発生せず、ユーザーは無料で希望に合った施設を検索することができます。

気軽な情報収集はこちらからみんなの介護
みんなの介護 みんなの介護

みんなの介護は、2011年のサービス開始時から200万件以上の入居相談を行ってきた実績があり、施設の検索もとてもしやすいサイトです。実際に見学しているかのような「360度パノラマ画像」や口コミなどの詳しい情報を確認しながら、納得のゆくまで、施設を比較検討できます。
   
CMでお馴染み!ライフルホームズの介護施設・老人ホーム版

ライフル介護は全国38,000件以上の有料老人ホーム、高齢者向け賃貸住宅などの情報を掲載する、業界最大級の介護施設ポータルサイトです。

気軽な情報収集はこちらからライフルホームズが運営する「ライフル介護」
ライフル介護

おうち探しで有名な「ライフルホームズ」の介護施設版なので探しやすい!やり取りもスムーズです。株式会社LIFULLは、東京証券取引所 プライム市場に上場している会社なので安心です。
 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事