住宅型有料老人ホームと介護付き有料老人ホームの違い

老人ホームを選ぶ際、多くの方が直面するのが「どのタイプの施設を選べばいいのか」という問題です。日本では、高齢者の生活支援と介護サービスを提供するさまざまな種類の老人ホームがあります。その中でも特に一般的なのが、「住宅型有料老人ホーム」と「介護付き有料老人ホーム」です。これらの施設は、提供されるサービス、入居条件、費用など、多くの点で異なります。本記事では、これら二つの施設の違いを明確にし、どのような人にそれぞれが適しているのかを解説します。老人ホーム選びの初心者でも理解しやすいように、基本から丁寧に説明していきます。

介護施設・老人ホーム探しなら、みんなの介護・ライフル介護が断然おすすめです!


住宅型有料老人ホームとは?

住宅型有料老人ホームは、基本的には自立した高齢者を対象とした施設です。ここでは、入居者が自分の部屋を持ち、日常生活の大部分を自立して行います。しかし、必要に応じて外部の訪問介護サービスや通所介護サービスを利用することができます。このタイプの施設の特徴は、入居者が自宅にいるような感覚で生活できる点にあります。また、費用は比較的低めに設定されていることが多く、入居時に高額な一時金が不要な施設もあります。

介護付き有料老人ホームとは?

介護付き有料老人ホームは、介護が必要な高齢者を対象とした施設です。ここでは、日常生活の支援から重度の介護まで、施設内で一貫して提供されます。介護サービスは、施設の職員によって行われ、入居者一人ひとりのニーズに合わせた個別のケアプランに基づいています。このタイプの施設は、介護サービスが手厚い分、住宅型有料老人ホームに比べて費用が高くなる傾向にあります。しかし、その分、入居者は安心して生活することができます。

介護施設・老人ホーム探しなら、みんなの介護・ライフル介護が断然おすすめです!


両者の主な違い

住宅型有料老人ホームと介護付き有料老人ホームは、入居者の自立度、提供されるサービスの内容、費用構造など、多くの面で異なります。これらの違いを理解することは、自分や家族にとって最適な施設を選ぶ上で非常に重要です。

以下の表は、「住宅型有料老人ホーム」と「介護付き有料老人ホーム」の違いを概観するためのものです。

特徴 住宅型有料老人ホーム 介護付き有料老人ホーム
入居対象者 自立した高齢者が主。必要に応じて外部の介護サービスを利用。 介護が必要な高齢者が主。施設内で手厚い介護サービスを提供。
提供されるサービス 基本的な生活支援(食事提供、共用施設の利用等)。介護サービスは外部依存。 食事、入浴、排泄などの介護サービスが施設内で提供。医療連携も充実。
費用 比較的低め。入居時に高額な一時金が不要な場合も多い。 高額。入居時に高額な一時金が必要な場合が多い。月額利用料も高め。

この比較表を参考にすることで、自分や家族にとって最適な老人ホームのタイプを選択する際の判断材料とすることができます。重要なのは、入居者の健康状態、介護の必要度、財政状況、そして何よりもその人がどのような生活を望んでいるかを考慮することです。

実際に老人ホームの入居説明などを受ける中では介護付き有料老人ホームも住宅型有料老人ホームも受けられるサービスは同じという説明をする場合がありますが、枠組みが異なっていることは事前に知っておく方が入居した時のイメージが湧きやすいかと思います。

メリットとデメリット

以下の表は、「住宅型有料老人ホーム」と「介護付き有料老人ホーム」のメリットとデメリットを比較しています。

住宅型有料老人ホーム 介護付き有料老人ホーム
メリット - 介護サービスの自由度が高い
(デイサービスや福祉用具レンタルなども利用できる)

- プライバシーが保たれる

- 費用が比較的抑えられる

- 手厚い介護サービスが施設内で受けられる、看取り対応可能

- 医療機関との連携が充実

- 介護サービスの質が保証される

デメリット - 介護サービスが必要になった場合、自ら手配する必要がある
(居宅介護支援事業所のケアマネジャーと相談)

- 外部の介護サービスの質は選択した事業者に依存

- 費用が高額になることが多い

- 入居時に高額な一時金が必要な場合がある

- 施設によっては入居者の自由度が低く感じられることがある
(施設から出る機会がなかなかない)

介護施設・老人ホーム探しなら、みんなの介護かライフル介護でかんたんに探せる!

利用料無料で、気軽に施設探し・比較・資料請求ができます。


どちらを選ぶべきか?

最適な老人ホームを選ぶには、入居者の健康状態、介護の必要度、財政状況、生活スタイルの希望など、さまざまな要素を総合的に考慮する必要があります。住宅型有料老人ホームは、比較的健康で自立した生活を望む高齢者に適しています。

一方、介護付き有料老人ホームは、日常生活に介護が必要な高齢者や、将来的に介護が必要になる可能性を考慮している方に適しています。

施設や運営している事業者の方針によって様々ですが、サービスの提供方法の違いから、介護付き有料老人ホームの方が要介護3,4,5など介護がより必要になったときにも対応してもらいやすく、希望があれば施設での看取りまで行っていることが多いです。

まとめ

老人ホームを選ぶ際は、自分や家族の現在のニーズだけでなく、将来的な変化も見据えた上で決定することが重要です。各施設のメリットとデメリットを理解し、実際に施設を訪問して、雰囲気やスタッフの対応を確認することもおすすめします。最適な老人ホーム選びを通じて、安心して快適な高齢期を送るための一歩を踏み出しましょう。

「老人ホーム探し」は人生でも経験することがない、大きな決断になります。
まずは早めに複数の施設の資料を集めて比較検討することが重要です。

自分たちの費用や地域に合わせた条件で効率的に探して、老人ホームや介護施設の資料請求や見学を進めていけるように、以下のようなサイトを利用すると便利です。このサイトで紹介している老人ホームの紹介サイトは、どちらも大手の会社で利用者も多いです。利用料や仲介料などは特にかからないので気軽に使ってみてください。


2023年の5月時点で掲載施設数51,000件

「みんなの介護」は、掲載施設数No.1の老人ホーム検索サイトで、介護施設ポータルサイトの最大手です。 施設探しの際は費用は一切発生せず、ユーザーは無料で希望に合った施設を検索することができます。

気軽な情報収集はこちらからみんなの介護
みんなの介護 みんなの介護

みんなの介護は、2011年のサービス開始時から200万件以上の入居相談を行ってきた実績があり、施設の検索もとてもしやすいサイトです。実際に見学しているかのような「360度パノラマ画像」や口コミなどの詳しい情報を確認しながら、納得のゆくまで、施設を比較検討できます。
   
CMでお馴染み!ライフルホームズの介護施設・老人ホーム版

ライフル介護は全国38,000件以上の有料老人ホーム、高齢者向け賃貸住宅などの情報を掲載する、業界最大級の介護施設ポータルサイトです。

気軽な情報収集はこちらからライフルホームズが運営する「ライフル介護」
ライフル介護

おうち探しで有名な「ライフルホームズ」の介護施設版なので探しやすい!やり取りもスムーズです。株式会社LIFULLは、東京証券取引所 プライム市場に上場している会社なので安心です。
 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事