親の介護は誰がやる?兄弟や配偶者と揉めないために

親の介護は誰にとっても避けて通れない現実です。親が高齢になるにつれ、介護の負担が増し、誰がその責任を負うべきかという問題が浮上します。この記事では、親の介護に関する様々な疑問や問題に対して、具体的な解決策や法律的な視点からの助言を提供します。家族間の争いを避け、円滑な介護体制を築くためのヒントを探りましょう。

介護施設・老人ホームを探すなら、みんなの介護とライフル介護がおすすめです。 費用や地域などでかんたんに調べて空き状況なども確認できます。

特別養護老人ホームなどの費用の軽減が利用できる施設、生活保護の方、認知症の方など、いろいろな条件で検索・比較できるので便利です。

親の介護は誰がする?

親の介護は家族全体の問題であり、誰が主に担当するかは状況や家庭によって異なります。一般的には、親と同居している子どもや配偶者が中心的な役割を担うことが多いですが、地域包括支援センターや介護サービスを活用しながら、家族全体で負担を分担することが大切です。

要介護者のキーパーソンは誰がやることが多い?

要介護者のキーパーソン(主要な介護者)は、家庭内で最も責任感が強く、時間的な余裕がある人がなることが多いです。これは長男や長女が多い傾向にありますが、必ずしもそうではなく、家庭の事情や各人の意向によって決まります。また、介護を担当する人が過度の負担を感じないよう、他の家族や外部の支援も重要です。

親の介護したくないと思う人って最低なのか

親の介護をしたくないと思うことは、決して珍しいことではありません。介護は非常に大きな負担を伴い、精神的にも肉体的にも大変です。そのため、介護に対して消極的な気持ちを持つことは自然な感情です。大切なのは、その気持ちを誰かと共有し、解決策を見つけることです。

義理の親の介護をするのは当たり前なの?

義理の親の介護をすることは法律上の義務ではありません。しかし、家庭内の状況や夫婦間の合意に基づいて、義理の親の介護に携わることもあります。大切なのは、家族間での話し合いや協力があることです。

介護施設・老人ホームを探すなら、みんなの介護とライフル介護がおすすめです。 費用や地域などでかんたんに調べて空き状況なども確認できます。

特別養護老人ホームなどの費用の軽減が利用できる施設、生活保護の方、認知症の方など、いろいろな条件で検索・比較できるので便利です。

兄弟の中で長男長女が親の介護するのか

長男長女が親の介護を担当するケースは多いですが、必ずしもそうであるわけではありません。他の兄弟姉妹と役割を分担することが望ましいです。家庭内の状況や各人の負担を考慮し、話し合いによって最適な解決策を見つけることが重要です。

実の親でも老後の介護したくないのも普通

実の親の介護をしたくないと感じることも普通の感情です。介護は非常に大変な作業であり、他の生活と両立させることが難しい場合があります。そのため、介護に対する不安や拒否感を持つことは自然なことです。重要なのは、その気持ちを誰かと共有し、サポートを得ることです。そのための公的な介護保険制度であり、介護施設もあります。ただし、介護施設に入居していても、最低限緊急時に対応することや定期的にケアの方針を確認し合ったりすることは必要です。これは兄弟や親戚とも協力して負担が偏り過ぎないように進めましょう。

親の介護の放棄で保護責任者遺棄罪の有罪になることはあるの?

親の介護を放棄することが法的に問題となる場合、保護責任者遺棄罪に問われる可能性があります。この罪は刑法218条に規定されており、保護の責任がある者がその義務を怠り、要保護者を危険にさらす行為を指します。

扶養義務は民法877条に基づき、直系血族と兄弟姉妹に課されます。特に、親子関係においては、扶養義務が強く求められます。扶養の範囲は、生活の維持に必要な範囲全般を含みます。

具体的な有罪判決の例として、明らかに介護が必要な親を放置し、その結果として健康を害した場合などが考えられます。実際の裁判では、被告の経済状況や介護の難易度、他の家族の協力状況などが考慮されます。

したがって、介護の放棄は深刻な法的リスクを伴うため、困難を感じた場合は早めに専門機関に相談することが重要です。地域包括支援センターや市町村の福祉課などが相談先として挙げられます。

介護施設・老人ホームを探すなら、みんなの介護とライフル介護がおすすめです。 費用や地域などでかんたんに調べて空き状況なども確認できます。

特別養護老人ホームなどの費用の軽減が利用できる施設、生活保護の方、認知症の方など、いろいろな条件で検索・比較できるので便利です。

「老人ホーム探し」は人生でも経験することがない、大きな決断になります。 まずは早めに複数の施設の資料を集めて比較検討することが重要です。

自分たちの費用や地域に合わせた条件で効率的に探して、老人ホームや介護施設の資料請求や見学を進めていけるように、以下のようなサイトを利用すると便利です。このサイトで紹介している老人ホームの紹介サイトは、どちらも大手の会社で利用者も多いです。利用料や仲介料などは特にかからないので気軽に使ってみてください。


2023年の5月時点で掲載施設数51,000件

「みんなの介護」は、掲載施設数No.1の老人ホーム検索サイトで、介護施設ポータルサイトの最大手です。 施設探しの際は費用は一切発生せず、ユーザーは無料で希望に合った施設を検索することができます。

気軽な情報収集はこちらからみんなの介護
みんなの介護 みんなの介護

みんなの介護は、2011年のサービス開始時から200万件以上の入居相談を行ってきた実績があり、施設の検索もとてもしやすいサイトです。実際に見学しているかのような「360度パノラマ画像」や口コミなどの詳しい情報を確認しながら、納得のゆくまで、施設を比較検討できます。
   
CMでお馴染み!ライフルホームズの介護施設・老人ホーム版

ライフル介護は全国38,000件以上の有料老人ホーム、高齢者向け賃貸住宅などの情報を掲載する、業界最大級の介護施設ポータルサイトです。

気軽な情報収集はこちらからライフルホームズが運営する「ライフル介護」
ライフル介護

おうち探しで有名な「ライフルホームズ」の介護施設版なので探しやすい!やり取りもスムーズです。株式会社LIFULLは、東京証券取引所 プライム市場に上場している会社なので安心です。
 

Twitterでフォローしよう